読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

託され屋さん

人生とはなんぞ。そんな事を考えては自分がよく分からなくなる男のブログです。

世界を旅する親愛なる先輩の話

こんにちは(ばんは)

前回少しだけ触れた通り、今日は僕の親愛なる先輩『世界を放浪するタトゥーアーティスト、Yuki君』の話をしようと思う。

Yuki君とは、専門学校時代にアルバイトをしていた漫画喫茶で出会った。
ロングのパーマヘアーに鼻ピ、西海岸風のスタイルのYuki君に、僕はとても憧れていた。(Yuki君の真似をして、僕もロン毛にした。)

話をしてみると、とても面白い人だということが分かった。
彼は英語が得意で、将来的には海外に旅立つと言っていた。
考え方も柔軟で、お金持ちや、有名になる事より、自分の生き方で生きる、と言う信念を持っていた。(この辺り、僕はかなり影響を受けている。)

とにかく、何かに縛られるより、常に自分の考えで行動すると言う、なんとも素敵な先輩だ。

僕があれこれ書くよりも、Yuki君本人の言葉を知っていただきたいので、ここからはYuki君の言葉を抜粋させていただこうと思います。



Yuki君のルーツ
『俺がどういう考えで行動してるかを並べるけど、俺の目指すスタイルは日本風×異国。
それから、どんなジャンルをやっても俺の作品だとわかるようになりたいかな。模索中だけど。

こうなるまでの経緯だけど、幼少の頃、服のデザイナーであった父親に多大な影響を受けた。
絵を描く影響は、父とDragonballの作者 鳥山明
アメリカンカルチャーの影響は、これまた映画好きの父親からもらったVHS Back to the futureから。

中学の終わりから洋ロックにハマり初めて英語とタトゥーに憧れを持ち始める。

高校時代は通勤退勤ラッシュで死んでいるような大人たちを見て生きるって何なのか?と思う。

大学時代、19歳でついに初海外。
オーストラリアで多国籍の友達ができ、いつかその全員に、彼らが住んでいる国まで会いに行こうと決める。

大学卒業後、海外で働くためにはと思って、和食屋でそば打ちなどを習いながら2年働いた。(日本料理を作れる日本人というのは、海外の和食レストランで即戦力になる為、重宝されるから。)
のちに3.11震災後の自身の誕生日3.27に世界一周に出発。

性格上状予定通りにならず、盲点だったアジアの旅にハマり一年過ごす。
その時にインドの山で、隣の部屋に泊まっていたシンガポールのタトゥーアーティストJohnny Gohに師事。その後Johnny の後について回るが経済的問題のためお互いに帰国。

 その後一年日本でまた和食屋で働いたのち、ネパールにてレストランを作ることになるが、失敗して手持ち¥1000になった事から真剣にタトゥーをやり始める。壁画をレストランに描いていた事から口コミで客が来るようになり、その資金と借金で今現在いる「自分の原点、オーストラリア」で初のTattoo studioの仕事に付く。

最後に、俺のこの活力源は一種のちっぽけな復讐心から笑
大学の時彼女と別れた後、その元彼女は俺の友達に連れられて、RIZEのライブに行ってジェシーと写真を取った。
俺は振られた挙句に、RIZEのライブにも連れてってもらえずジェシーにも会えてねぇ。
元カノは俺を振ってすぐに新しい彼氏ができた挙句、RIZEにまで会ってる。それも俺の友達に連れられて。
どんだけ不公平だ!!と。

 だったら俺は俺の実力で、ジェシーと同等の立場になって会ってやろう。って思った。』




と、ここまでがYuki君自身の言葉です。
最後の『ちっぽけな復讐心』まで含め、自分を曝け出して前に進むYuki君に、僕は尊敬の念を覚える。

そして、そんなYuki君が僕に、自分自身が作るデザインの宣伝を託してくれた事をとても嬉しく思っている。

彼は今現在、前述の通りオーストラリアにいます。

Yuki君自身の、唯一のデザインを模索しながら、タトゥースタジオで働いているとのことです。

タトゥーに対しては、様々な意見があるとは思いますが、僕はタトゥーを一つの芸術だと考えています。
その人の生き様を描き記すもの。
先住民が戦士の証としてタトゥーを入れたように、その人そのものを表す芸術。

周りの目を気にせず、ビッグになる事より、金持ちになることよりも自分自身のスタイルを貫き通し、自分自身の表現を模索する素敵な旅人、それがYuki君です。

Yuki君のサイト↓

https://ys-works.stores.jp/

サイト内のリンクで、インスタグラムから、Yuki君の作品達が見られます。

是非一度、見てみてください!

Yuki君の事が気になったあなた、気軽にご連絡ください。
喜んで紹介させてもらいます。







人生に出会いと面白さを。




歌川 翼
TEL 09058104375
LINE utgw2836