読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

託され屋さん

人生とはなんぞ。そんな事を考えては自分がよく分からなくなる男のブログです。

時間が足りないと言う幸せ

こんにちは(ばんは)

お久しぶりです。
最近、様々な事が重なり、結果的になかなかドタバタしています。

簡単にまとめると
・祖母が亡くなった。
・託され屋さんとして、初の託されが舞い込んだ。
・沖縄で結婚式があった。
・仕事を始めた。

これらが全て同じくらいの時期に起こったのだが、この全てが僕に新たな(再びの)出会いを巻き起こしてくれた。




・金より、人を大事にしなさい。
母方の祖母が亡くなり、僕は妹と二人で福島に帰った。
僕の家庭は、両親が離婚しており、母は具合が悪いため、二人で行くことになったのです。

そこで、久しぶりに従兄弟達と再会した。(およそ15年ぶり。)
15年も経つと皆変化するもので、お姉さんだと思っていた従兄弟の頭に白いものが混じっているのを見て、ああ、あの時からこんなにも時が過ぎたのか、などと言う感傷的な気持ちになった。

夜、寝る前に、叔父(従兄弟たちの父親。)に言われた。

『いいか、翼。お前が何かで成功したいのなら、金を取るな。人を大事にしなさい。人を大事に出来る人間が、初めて成功出来る。』

僕は別に成功したいとも、金持ちになりたいとも思っていなかったが、叔父の教えは深く心に響いた。
叔父は人を大切にする人です。
今回の祖母のお葬式に集まった人達は、みな叔父と繋がりのある方々だった。(祖母の家は広いのだが、それでもギリギリなくらい人が集まった。)

人を大切にする。
当たり前のことだが、これがなかなか難しい。
叔父は、今までの人生を、人を大切にする事を信条として生きてきたのだろう。
結果、祖母のためにあれだけの人が集まった。

僕も叔父と同じ血を引いている。
それがとても嬉しく、誇らしかった。

祖母、祖父、叔父、母、親戚たち皆に改めて心から感謝した。
素晴らしい血を分けてくれて、ありがとう。




・満員電車
感謝を忘れる事を『満員電車』と呼ぶ事にした。

最近仕事を始めました。
最初は研修で、渋谷の本社に行くことになった。
僕は、電車通勤とは無縁で生きてきたのですが、研修中は満員電車に押し込まれる事となった。

あれは凄まじい。
毎日あれに耐えて、そこから仕事をする人々を本当に尊敬する。

が、満員電車の中で、ふと思った。
電車が揺れたとき、大多数の人はその場に留まろうと踏ん張ったりはしない。
しかし、吊革や手すりに掴まっている人は、踏ん張る。
結果として、大多数の人々が、少数の人々に身を委ねる事になる。
踏ん張る人々は、さぞ辛いだろう。

これは何かに似ている気がした。
満員電車の中で、考えてみた。

これは、人から助けてもらったり、施しを受けたときに、それを当たり前と受け取ってしまうと言う哀しい事に似ている気がする。

きっと本来は皆、助けられれば感謝する。
感謝するから、自分も頑張ろうと努力する。
そして、自分自身が成長し、いつの日か、もしかしたら、他の誰かの助けになるときが来るのかもしれない。
それがあるべき姿だと思うのです。

しかしそれが、誰かから施しを受け続けることで麻痺してしまう時があると思うのです。
当たり前、と。

当たり前を当たり前と思った時点で、それは慢心、傲慢の極み。

人と人との根底には常に感謝があるべきだと思いました。(何を偉そうに。)

慢心と言うのは、全ての人が多かれ少なかれ持っているもの、と言う事を、とある僧侶が言っていたことを思い出しました。
あの人は慢心など無いだろう、と周りから言われる人も、必ずどこかに慢心がある、と。
しかし、そのような人は自分の慢心をコントロールする術を身に着けているとも言っていました。

慢心は消せないもの、ならばコントロールしよう。(だから何を偉そうに。)

自分自身の慢心を認めることが、慢心をコントロールする第一歩な気がします。

当たり前の事に感謝しよう。








沖縄の大地はやはり素晴らしく(僕は沖縄が大好きなのです。そして大好きな人達が沖縄にいるのです。)
、故郷ではないのになんだか無性に帰郷した気持ちになる。

一年ぶりに再開した友人、そして新しく出会った友人。

やはり僕は人と出会う事が大好きなのだ。

会いたい人、行きたい場所、やりたい事全てを実行するには1日が24時間では全然足りない。

でも、それがとても嬉しく、幸せです。

それだけ、大切なものがあるという事だから。









さて、託され屋さんとして初めての依頼(第一託、とでも言おうか。)が来ました。

託し主は、昔お世話になった、僕に多大な影響(主に、旅に関して。)を与えた先輩、Yuki君。

Yuki君は、世界を放浪しつつ、タトゥーアーティストを目指して現在オーストラリアで修行中です。

Yuki君には様々な事を教わりました。

そんなYuki君が、現在オリジナルの洋服(デザインTシャツ)を販売しており、その日本での宣伝を託されました。

実際にサンプルとして、僕にTシャツを送ってくれたらしく、非常に楽しみにしています。

次回は、そのYuki君のルーツなどを書いていこうと思います。







人生に出会いと面白さを。




歌川 翼
TEL 09058104375
LINE utgw2836